お口の健康

ホワイトニングに興味あるけど、安全なの?歯科衛生士が解説します!

スポンサーリンク

悩める女性
芸能人みたいに綺麗で白い歯に憧れる!
悩める男性
とりあえず今より歯を白くしたい!

老若男女問わず、ホワイトニングを行う人が増えています。

患者さんの歯に対しての美意識が、とても高くなっていると日々感じます。

漠然とホワイトニングしたいな~と考えてる人も多いのではないでしょうか。

こんな方におすすめ

  • ホワイトニング気になるけど、安全なのか知りたい
  • ホワイトニングによるデメリットを知りたい
  • ホワイトニングできる条件があるのか知りたい

ホワイトニングは安全なのか

まずホワイトニングに使用する薬剤についてお話します。
一般的に使われる薬剤の主な成分は、
・過酸化水素
・過酸化尿素
過酸化尿素は使うときに過酸化水素に分解されるので、主な成分は過酸化水素となります。

過酸化水素は消毒用オキシドールと同じ成分なので、安全であると言われています。

ただ、消毒用オキシドールの濃度は約3%ほどで、ホワイトニングの薬剤の濃度は過酸化水素35%以下、過酸化尿素は10~20%くらいのものが多く使われています。

悩める女性
消毒のものと同じ成分なら、口の中に入れても安全なのかな
しーな
安全なのは歯に対してだけです。

皮膚や粘膜につくと炎症やただれの原因なります。

オフィスホワイトニングでは濃度の高いものを使うので、歯茎や唇につかないようにしっかりと保護する必要があるのです。

注意ポイント

歯茎に薬剤がつくとピリピリした痛みが出て、白くなってしまいます。

一時的なものなので、色も痛みも戻りますので安心してください。

ホワイトニングのデメリット

私が感じるデメリットはこちらです。

ポイント

①料金が高い
②効果がちゃんと出るかわからない
③色がまだらになる
④しみる可能性がある
⑤色の後戻りがある

①料金について

ホワイトニングは自費診療となります。

なので医院によって価格設定は様々です。

メモ

オフィスホワイトニングで1回15000~30000円

ホームホワイトニング(マウスピース・薬剤ジェル)で15000~20000円

辺りが相場かなと思います。

地域によっても差は出るので、東京などはもう1,2万円ほど高くなるかもしれません。

ホームホワイトニングはホワイトニング用のマウスピースを持っていれば、薬剤のジェルを買い足すだけなので2000~5000円程度です

注意ポイント

歯ぎしり防止用マウスピースや、スポーツ用マウスピースは用途が違うのでホワイトニングには使えないので注意!

②効果について

悩める女性
せっかく高い料金を払うんだから、ちゃんと白くなるよね?

ですがホワイトニングの効果は個人差があります

なのでやってみないと分からない、としか言いようがないんです。

歯によっては白くなりにくい歯もあります。

注意ポイント

ホワイトニングの広告だと劇的に変わる写真が使われていますが、1度では実際にそこまで真っ白はなりません。

下の画像は歯の色見本ですが、大体真ん中~左寄り辺りが一般的な色です。

個人差はありますが、1回のオフィスホワイトニングで1段階~2段階トーンアップするようなイメージです。

歯の色見本

③色がまだらになる

ホワイトニング後は、歯の色がまだらになることがあります

しかしこれは歯の石灰化不全によるものなので、日数が経てば目立たなくなるので安心してください

また、回数を重ねることでより色が均一になります

ホワイトニングをすると歯を観察することが増えるので、気になる点だと思いますが時間が解決してくれるので気長に待ちましょう。

注意ポイント

結婚式など大事なイベントがあるときは、直前に行うのはおススメしません!
すぐ出来るかもわからないので日数に余裕を持ちましょう。

④しみる可能性がある

ホワイトニングの薬剤が歯に浸透するとエナメル質下の象牙質に刺激がいき、しみることがあります

傷口に消毒液を使うとしみて痛いすよね。

この原理と同じです。

しみるから歯にダメージを与えてるのでは、と不安に感じますが薬剤が浸透しているだけです

このしみる症状は、薬剤の濃度と比例して起きやすいです

濃度が高いと歯が白くなりやすいですが、しみやすいです。

必ずしも全員がしみるわけでもありません

⑤色の後戻りがある

ホワイトニングは、一生持続するものではありません

生活習慣・食習慣によって色の付きやすさは変わります。

ホワイトニング直後は歯が色を取り込みやすいので、色の濃い食べ物・飲み物・調味料も注意が必要です。

なるべく白っぽい食べ物、色の薄い物を選ぶようにしましょう。

注意ポイント

コーヒーや紅茶・赤ワインは着色しやすいので注意です!

自分はホワイトニング出来る歯なのか

悩める男性
歯がきれいだと清潔感があって、好印象に見られるのでホワイトニングしたいです
しーな
ではまず歯の状態を確認してホワイトニング可能なのか確かめましょう

以下の項目に当てはまる方は、ホワイトニング出来ない人・歯です。

チェックリスト

  • 虫歯・歯石が多い(治療してから)
  • 歯の神経を取っている歯
  • 被せ物をしている歯(詰め物部分)
  • 重度の歯周病
  • エナメル質や象牙質が十分に発達していないお子さま
  • エナメル質に亀裂のある歯
  • 無カタラーゼ症の方
  • 妊娠・授乳中の方

ホワイトニングは神経がある歯にのみ効果があります

被せ物・詰め物は白くならず、神経が死んでいる歯も効果は出ません

無カタラーゼ症の方は過酸化水素を分解できないため、有害物質として体内に残ってしまいます。

そのため進行性口腔壊死などの危険な症状を招く可能性があります。

妊娠・授乳中の方は胎児への影響や授乳時の影響が確認されていないため、100%安全とは言い切れないのです

もちろん一般の方への安全性は確立されていますので安心してください

まとめ

ホワイトニング興味はあったけど、しみる症状が出たり、出来る人・出来ない人(歯)が分かれるというのは、知らない方も多かったのではないでしょうか。

私は友達がホワイトニングしたい!と言っており、でも実際何をするかや危険性などは全く知らなかったので今回の記事を書きました。

しーな
私はデメリットを踏まえた上でホームホワイトニングを行っており、やって良かったと思っています。
そのお話についてはまた書こうと思います。

それでは。

スポンサーリンク

-お口の健康

© 2021 しーなブログ