お口の健康

【歯の着色が付きやすい人必見】着色を予防する方法、オススメ歯磨き粉は?

スポンサーリンク

毎日のように口にする、お茶・コーヒー・食事。

特に色のついている飲食物は、着色の原因になるものが多いです。

着色で歯が茶色っぽく見えるのは、とても嫌ですよね。

着色を気にするのは、女性だけでなく男性も多くいらっしゃいます。

悩める女性
着色付くのは嫌だけど、コーヒー飲む習慣は止められない…。

そんな方のために着色の原因・予防法・オススメの歯磨き粉を紹介します。

注意

今回は食べ物・飲み物・タバコなどの外因性の着色についてもお話しです。

歯自体の黄ばみが白くなるお話しではありません。

着色の原因は?

歯の着色の原因は、3つあります。

  1. 食べ物・飲み物
  2. たばこ
  3. お口の環境

それぞれ説明していきます。

①食べ物・飲み物

歯の着色は、

「ペリクル」+「ポリフェノール」

でできます。

「ペリクル」は歯の表面のたんぱく質成分(みなさんあるものです)

「ポリフェノール」は飲食物に含まれる、抗酸化作用を持つ成分です。

ポリフェノールはとても体に良い成分なので、摂取を止めるよりも他の方法で着色を防ぐ方が良いです。

ポリフェノールを多く含む食べ物・飲み物の代表はこちら。

着色しやすい食べ物・飲み物

  • コーヒー
  • 紅茶
  • お茶類
  • 赤ワイン
  • カレー
  • チョコレート・ココア
  • 大豆製品
  • ブルーベリー

こう並べても、体に良いとされている食べ物・飲み物が多いですよね。

なので摂取を制限せずに、他の方法で着色を予防していきましょう。

②たばこ

たばこの成分の一つ、「タール」が着色の原因です。

よくテレビなどで、喫煙者の真っ黒な肺を見たことあると思います。

真っ黒な肺や、喫煙者の家の壁が黄色くなるのもタールが原因です。

タールによって歯の着色だけでなく、歯茎にも色が沈着します。

友達は未成年のうちから、歯茎が黒くなっていました。

家族がヘビースモーカーなので、副流煙でも歯茎に着色してしまいます。

たばこを止めない限り、着色は付き続けます。

しーな
着色を取る側としては、お茶よりもたばこの着色の方が頑固で取りづらいです…。

③お口の環境

着色の付きやすさは、お口の中の環境にもよります。

着色が付きやすい口の特徴は、こちら。

  • 歯並びが悪い
  • 口の中が乾燥している

歯並びが悪いと、歯ブラシが当てにくいということです。

歯ブラシが届きにくいところは汚れが蓄積するので、着色も付きやすいのです。

唾液には自浄作用と言って、汚れを自分で洗い流す力があります。

しかし口腔乾燥があると唾液の量は少なめです。

汚れを流せるほどの唾液が出ず、歯が乾いてしまうと汚れが留まりやすくなります

その結果、着色も増えていきます。

着色がつかないように予防する方法は?

悩める女性
少しでも着色は減らしたい!綺麗な状態を保つにはどうすればいいの?

着色の原因がわかれば、予防方法は立てやすいです。

原因:食べ物・飲み物

  • 着色の付きやすい食べ物・飲み物は控える
  • 飲むときはストローで飲む
  • 飲食した後すぐ歯磨きやうがいをする
  • 水で流す

ポリフェノールは体に良い成分のなので、摂取を控えるよりもすぐ歯磨き・うがいして洗い流すようにしましょう。

お子さまがよくお茶を飲むと着色が付くので、気にするお母さんがよくいます。

お茶には殺菌作用や歯垢を付きにくくする成分も入っているため、虫歯予防へと繋がります。

全員が同じではないですが、お茶を飲む子供は虫歯が少ない子が多いです。

体に悪いものではありませんので、着色が気になるようになったら歯医者でクリーニングをしましょう。

原因:口腔乾燥

  • 口呼吸をしない
  • 唾液腺マッサージをする
しーな
マスク生活で息苦しいからと口呼吸していませんか?

口呼吸はデメリットだらけです!

お口の乾燥に繋がり、乾燥は口臭発生虫歯発生着色発生の原因となります。

「口ぽかん」は見た目も悪いです。

お口の中の乾燥を防ぐためには、唾液腺マッサージがオススメです。

ヒトには3つ唾液腺があります。

耳下腺(耳の前)、顎下腺(えらの下あたり)、舌下腺(顎の下)です。

強く押すのではなく、ぐぐーっと徐々に力をかけるイメージです。

それぞれの唾液腺の唾液の出る量は個人差があるので、何回かずつマッサージするのがオススメです。

刺激すると唾液が出てお口が潤うので、口臭予防にも繋がりますよ。

着色予防にオススメの歯磨き粉は?

悩める女性
着色は気になるけど頻繁に歯医者へは行けない…
しーな
そんな方にオススメの歯磨き粉があります!!

市販の歯磨き粉にも、ホワイトニング効果を書いている歯磨き粉があります。

しかし効果をあまり実感できてない方がほとんどではないでしょうか?

私が働いている歯医者で置いてるもので、患者さんが着色付きにくくなった歯磨き粉を紹介します。

歯科では有名な、歯科材料の会社の歯磨き粉です。

粒子が細かいので着色を取ってくれるのか不安になりますが、続けて使うと本当に取れます!

デメリットとしては、

  • 市販のものと比べると割高である
  • 爽快感を求める人には物足りない

香りは爽やかなのですが、スッキリ感は足りないかもしれません。

着色が気になるのは主に前歯の見えるところですよね。

着色のひどい場所だけ部分使いすると、使用量も節約できるのでオススメです!

着色が取れる歯磨き粉は研磨剤が含まれています。

ゴシゴシと力いっぱい磨くと歯も傷つけてしまいます

力を入れれば着色が取れるわけではありません。

あくまでも歯磨きは優しく、という意識は忘れずに磨いてください。

合わせて読みたい

歯みがき頑張り屋さん必見!歯みがきで歯にダメージ与えてませんか?

悩める男性歯医者に行ったら、もっと歯磨き頑張れって言われてしまいました… もっと磨かないと…。 しーな歯磨きを頑張るのはとても良いことですね! ただ、頑張る方向を間違えては歯にダメージを与えるだけです ...

続きを見る

まとめ

毎日口にする飲み物や食べ物で、着色は付いてしまいます。

歯の性質によっては、2~3ヵ月ですぐに付着する人もいます。

食べ物・飲み物で着色が付きやすいものはポリフェノールが多く含まれているものです。

ポリフェノールは体に良いものなので、摂取を控えるよりも口にした後はすぐに

  • 歯磨きする
  • うがいする
  • 水で流す

などの工夫をしましょう。

自分である程度着色を取りたい方は、研磨剤が入っている歯磨き粉を使いましょう。

ただし、歯にダメージを与えてしまわないように、優しく磨く意識は忘れずに。

自分で着色を取るには限界があります。

歯医者でクリーニングをすることが、一番手っ取り早く綺麗になります。

「頻繁に通う時間がない!」という方は歯磨き粉を工夫したり、自分の習慣が着色の原因になっていないか見直してみましょう。

それでは。

スポンサーリンク

-お口の健康

© 2021 しーなブログ