お口の健康

妊婦さん必見!歯周病は早産・低体重児出産リスク○倍に⁉安定期に入ったら歯科検診へ。

スポンサーリンク

妊娠すると、歯周病リスクがとても高まることをご存知でしたか?

そして歯周病は早産・低体重児出産のリスクをとても高めてしまいます。

今回は、妊娠と歯周病の関係、そのリスク、つわりがひどい時の口腔ケアについてもお話しします。

こんな方におすすめ

  • 妊活・妊娠している方やその家族
  • 現在つわりに悩まされている方
  • 妊娠と歯周病の関係についてよく知らない方

妊娠と歯周病の関係

妊娠時の歯周病は、早産・低体重児出産のリスクが7倍になります。

喫煙も早産・低体重児出産のリスクを上げる要因として有名なものですね。

その喫煙でも1.5~2倍なので、いかに歯周病が早産・低体重児出産のリスクが高いかよくわかります。

海外では「歯周病を治せば早産を防げる」とまで言われているそうです。

なぜ歯周病が早産の原因に?

陣痛は子宮収縮促進を促す、プロスタグランジンの分泌が高まって起きます。

プロスタグランジンの分泌を促すのが、サイトカインという物質です。

このサイトカインは、炎症が起きると増える物質です。

歯周病は歯周病菌が炎症を起こしてるので、サイトカインが増加し、結果早産へと繋がります。

メモ

  1. 歯周病になる(炎症が起きる)
  2. サイトカインが増加
  3. プロスタグランジンが分泌(子宮収縮促進)
  4. 陣痛が起きやすくなる

妊娠をすると歯周病になりやすい!

悩める女性
私妊娠してるけどまだ若いし、歯周病になってないから大丈夫よね?
しーな
妊娠をしていたら、年齢は関係なく歯周病になりやすいのです!

妊娠をすると今までの食生活や生活習慣が変わります。

つわりはもちろんですが、ホルモンバランスの関係で歯周病リスクが高まるのは皆さん一緒です。

なぜ妊娠中は歯周病になりやすいの?

  1. つわりによる食生活の乱れ
  2. つわりによる口腔ケアの不足
  3. ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンが増えますよね。

実は歯周病菌の中に、妊娠中に出る女性ホルモンが大好きな菌がいるのです。

元々お口の中にいる歯周病菌が妊娠によって活発になってしまうので、妊娠中は歯周病になりやすいと言われています。

また、赤ちゃんや羊水に水分を取られるので、妊娠中は乾燥しやすさがアップします。

お口の中が乾燥すると虫歯菌・歯周病菌が増えやすい環境になります

なのでこまめな水分補給を取ったり、ガムを噛んで唾液をたくさん出すのも良いですね。

つわりがひどい時の口腔ケアは?

しーな
つわりがひどい時は、とにかく無理をしない・気にしない。が大事です。

歯磨きが十分に出来ないからといって気にする必要はありません

お母さんは必死に赤ちゃんを育てているのです。

「調子良いときに磨こ~」くらいの気持ちで良いと思います。

つわり時の口腔ケアのポイント

  • 調子が良いときに歯を磨く(出来ないときはうがいで)
  • 子供用の小さい歯ブラシかワンタフトブラシ(一束のブラシ)を活用
  • 下を向きながら磨く
  • 奥歯から磨く
  • 歯磨き粉は無理に使わなくてOK
  • すっきりしたいならあまり泡立たないジェルタイプがおすすめ
  • なにか口にしていたい時はキシリトール入りガムを選ぶ(食べれるもので)

市販の歯磨き粉は発泡剤が入ってるため、口の中が泡だらけになります。

つわりの時期だと唾液が口の中に多くあっても気持ち悪くなるので、なるべく泡立たない低発泡性のジェルタイプがオススメ

こちらはフッ素高濃度配合なので、虫歯になりにくく歯を強くしてくれます。

また、酸っぱい物を食べるとつわりが楽になる、という方は注意です!

酸性の強い食べ物は、歯を溶かすので虫歯になりやすいです。

もちろん食べても大丈夫です!

食べたら出来るだけうがいをするなど工夫をしましょう。

安定期に入ったら家族で歯科検診へ!

しーな
妊娠5~7ヵ月の安定期に入ったら1度歯科検診を受けることをオススメします。

出産後は赤ちゃんにかかりきりになるので、歯医者へ行く時間は作れない人が多いです。

妊娠1~4ヵ月の時期だと、切迫流産の可能性もあるため緊急時以外は行かなくても大丈夫です。

安定期に入るとお腹がどんどん大きくなるので、早めの受診が良いでしょう。

赤ちゃんは元々虫歯菌を持っていません。

子供が虫歯になる原因は、家族から虫歯菌が移るためです。

出産前に家族みんなで虫歯を治し、赤ちゃんに虫歯を移すリスクを減らしてから迎えてあげましょう。

妊娠中は食べ物だけでなく、レントゲンや飲む薬も気になりますよね。

妊娠中の歯医者での不安点

  1. レントゲンは赤ちゃんに影響ない?
  2. 麻酔は使っても問題ない?
  3. 薬は飲んでも大丈夫?

①レントゲンについて

今のレントゲンの機械は放射線量がとても少ないので、問題ありません

お口の中全体を撮るレントゲンでも、1度の放射線量は約0.04ミリシーベルトです。

1年間で自然に浴びる放射線量は2.4ミリシーベルトなのでかなり少ないですね。

もちろんそれでも不安であれば先生にきちんと相談しましょう。

②麻酔について

治療に使うのは局所麻酔なので、問題ありません

ただ、妊娠前から麻酔が効きづらい麻酔をして具合が悪くなったことがある人は、その旨を先生にきちんと伝えましょう。

基本的に、虫歯が深い時や歯石取りで痛みが強い人にしか麻酔は使いません。

治療時に痛みが出るのでは、とビクビクして治療するなら麻酔をして行った方が楽です。

先生によって考え方の違いはあるので、相談してから決めましょう。

③薬について

痛み止めの薬は種類によっては、妊娠中の服用不可なものもあります

もちろん先生の方でわかっていると思いますが、もし処方されたら妊娠してても飲めるものか確認をしましょう

(たまに薬処方の時に、妊娠中であることを忘れている場合もあるので)

虫歯が深くない限り、あまり薬が出されることはありませんが、自分でもちゃんと飲んで大丈夫な種類のものかチェックすることが大事です。

まとめ

ポイント

  • 妊娠中の歯周病は、早産・低体重児出産のリスク7倍
  • 妊娠中は歯周病になりやすい
  • つわりで辛いときは、歯磨きは無理しない・気にしない・こまめにうがい
  • 安定期に入ったら家族で歯科検診へ

妊娠中のお母さんは、様々なリスクと戦っていると思います。

つわりもあり、正直言うと歯磨きに気を使っていられませんよね。

歯磨きが出来ないからといって、気にしすぎる必要はありません。

出来る範囲で良いのです。

「歯磨きが出来ないならせめてうがいだけでもしよう」

「ガムを噛むならキシリトールがたくさん入ってるものを選ぼう」

少しの工夫で、より赤ちゃんを守れる可能性が上がります。

歯科検診へ行くときは、母子手帳を持参し、必ず妊娠中であることを伝えてくださいね。

それでは。

スポンサーリンク

-お口の健康

© 2021 しーなブログ