歯科衛生士

【学生必見】歯科衛生士の実習が辛い…衛生士に気に入られる方法は?

スポンサーリンク

専門学生時代、実習の日々がとにかく苦痛で仕方ありませんでした。

理由は実技が出来ないから(歯科衛生士向いてないですね笑)

実技が全然ダメな私でも、担当衛生士さんに気に入られることが出来ました。

しかもその人は他の実習生から怖がられ、無愛想だどいわれてた人です。

期間をあけてその後2回ほど実習に行ったのですが、私のことを覚えてて話しかけてくれるほど気にかけてくれました。

しーな
実習中に気に入られるきっかけはなんだったのか、お話ししていきます。

実習が苦手な子・嫌な子でも、意識すれば出来ることです!

こんな方におすすめ

  • 歯科衛生士の学生さんで、とにかく実習が嫌な人
  • 他の専門職の学生さんで、実習が上手くいかない人

実習で気に入られるポイント3つ!

実習は実際の現場を見て、勉強したことと実技を結びつける場です。

私は学生時代から実技が苦手でしたが、そこを補うポイントを意識しました。

ポイント

  1. 気の利いた実習生だと思われること
  2. 言われたこと・注意を受けたことはしっかり意識して守ること
  3. とにかく衛生士さんの真似をすること

この3点をしっかり意識してください。

実技は上手い方がもちろん良いのですが、実習生なのでまだ出来なくて当然です。

回数を重ねるごとに上達していくものなので、ある程度割り切ることが大切です。

しーな
割り切ることは大切ですが、衛生士さんに言ったり、悟られたりしたらだめですよ!(笑)

上記のポイントについて詳しく具体例を挙げながら説明していきますね。

①気の利いた実習生だと思われるには?

「気の利いた行動をする」というのは結構難しいですよね。

相手が伝える前に、してほしい行動を予測するということです。

予測するためにはしっかりと「アシストの流れ」を把握しなければいけません。

流れを把握することで、

  • 治療をするのに何か足りないものはないか
  • 衛生士さんの欲しい器具などは取りやすい位置にあるか

などを考えることが出来ます。

アシストとは別なのですが、私の具体例をお話しします。

私が衛生士さんに気に入られたきっかけ

実習生は朝の準備から始まります。(使用する器具・材料の補充、環境整備)

事前に学校で、朝準備の仕方を教わっていました。

朝準備後、私に注意することなく衛生士さんは準備をやり直していたのです。

2日経っても何も言われずに直されるので、私は何が違うのかと必死に考えました。

すると曜日ごとに使用するDrが違うことに気付いたのです。(実習先はとても大きい病院)

使うDrに合わせた準備をすると衛生士さんは直すところがなく、少し驚いた様子でした。

その時から間違っていても何も言われずに直すのではなく、違うところを指摘してくれるようになりました。

実習生は約1ヵ月で交代していくので、「事細かに教えても仕方ない」と割り切る衛生士さんもいます。

なので注意されないことが必ずしも良いことではありません

「この子になら教えてもいいな」と思われることが、一歩成長した点だと思います。

②言われたこと・注意を受けたことはしっかり守ること

そんなことわかりきってるよ!と思うかもしれませんが、本当に大事なことです。

実際に働きながら実習生の対応をするのは、現在働いてる身からするとめちゃくちゃ大変です。

診療中は患者さんが第一で、実習生の優先順位はダントツ最下位です。

衛生士さんも実習生に教えたいことが多くあっても、まずは危ない行動だったものから注意します。

1度言われたは必ずメモしておき、今後は絶対に守るという意識がないと2度3度と繰り返します。

衛生士側からも、「1度言っても行動が直らない子」と思われたら実習させてもらえる範囲が狭くなります。

この子ならこのレベルまで出来そうかな、と実習生のでき具合を見て仕事をさせてくれる衛生士さんも多いです。

チャンスを逃さないためにも細かい行動を意識するのは大切です。

しーな
たった1度ミスを繰り返すだけでも心証は悪くなってしまいます。

③衛生士さんの真似をする

私のついた衛生士さんは、質問したら答えてくれますが、自分から教えることは多くありませんでした。

実際にこういう衛生士さんは多いと思います。

なぜなら実習生は1ヵ月ほどでコロコロ変わりますし、それぞれの実習生のでき具合も違います

診療を行いながらの実習なので、実習生に教えるのは二の次です。

教えてもらうというスタンスではいけません。

衛生士さんを細かく観察して、真似するのが一番です。

何気ない診療の一場面でも、

  • Drの動きに合わせて何を渡そうとしているか
  • Drが器具を使いやすいように渡すにはどんな向きか

このように観察する点はたくさんあります。

実際に自分がアシストする時のシミュレーションはとても大事です。

アシストする時に緊張して、思うように動けなくなるからです。

なんとなく次に使うものがわかっていても、動くとなると渡し方ひとつで戸惑います。

より具体的にイメージできていた方が行動に移しやすいです。

まとめ

実習で実技が苦手でも担当の人に気に入られるポイントをお話ししてきました。

ポイント

  1. 気の利いた実習生だと思われること
  2. 言われたこと・注意を受けたことはしっかり意識して守ること
  3. 衛生士さんの真似をすること

意識をしたり頭をフル回転させながらの実習なので、疲労はとてもあります。

しかしその意識は就職しても強みになります

実技は後からでも身につくので心配はいりません

就職してからだと自分が動くので、じっくり他の衛生士さんを観察できる場は多くありません

他の実習のある職種でも同じだと思います。

学生の時はとても嫌な思い出のある実習ですが、その時間は学ぶにはとても大切な時間です。

就職してから「もっとあの時に見て学べば良かったな」と後悔しないような実習にしてくださいね。

それでは。

スポンサーリンク

-歯科衛生士

© 2021 しーなブログ