お口の健康

子どもに歯医者=痛い・怖い。を植え付けてませんか?

スポンサーリンク

歯磨きをしないお子さんに、

怒る女性
歯磨きしないと、歯医者さんで痛いことされるよ!

と怒っていませんか?

ご自分の幼少期の歯医者の記憶やイメージを、そのままお子さんに伝えてませんか?

確かに今の親世代が子供の頃は、無理矢理治療したり、痛い治療をされてる記憶があるかもしれません。

しかし昔より予防の考えが広まり、お子さまの治療も変わってきています

歯医者を脅し文句として使うことで、歯医者へ行くのが余計遠のいてしまうのがもったいないなと感じます。

親世代の幼少期の歯医者のイメージは?

昔は今ほど予防の考えがなく、「歯医者=虫歯の治療」でした。

歯医者へ行くタイミングが「歯のクリーニングをする」のではなく「虫歯があるから」なのです。

子供の頃の歯医者のイメージは、

  • 無理矢理おさえられて治療した
  • 麻酔が痛い
  • 音が怖い

こんな感じではないでしょうか。

今は動いて危ない子であれば親に許可を取っておさえる場合もありますが、医院によってはやりません。

昔は結構な割合でおさえられてたみたいですが…。

麻酔に関しては、針がかなり細く改良されていて全然痛くありません

子どもが麻酔してても、平気そうにしてる子が多いです。

もちろん「注射」という恐怖でごねる子もいますが(笑)

しーな
私もつい最近麻酔しましたが全く痛くありません!

痛みは最初の麻酔液を入れる一瞬だけでした!

歯を削るにはどうしても音が出てしまいます。

あの「キュイーーーーン」という音、とても嫌ですよね。

器具が改良されてるとはいえ、歯自体が硬いのでどうしても削るのには音が出ます

子供の頃の嫌な記憶は残りやすいので、どうしても歯医者のイメージは悪くなりますよね。

今の子どもたちは、結構平気そうに治療を受けてます!

今でも治療を受けるとなると、泣き叫ぶ子ももちろんいます

大人でも怖がりな人はいますからね。

そういう子は小児専門歯科に行くと、とことん出来るまで付き合ってくれます。

私が見てる印象では、平気そうに入ってくる子が多いです。

小学校入学前の子でも親の付き添いがなくても、一人で治療を受けれる子はいました。

なぜそんなに平気そうなのか、子どもに聞いてみました。

子どもの回答

  • フッ素が美味しいから
  • 痛いことされたことないから
  • 治療自体怖くないから(痛かったことがない)

フッ素は商品によって、ブドウやリンゴみたいな味がします。

味付きのものが多いので美味しいもの、という認識があるようです。

 

乳歯の虫歯の場合、永久歯と比べて痛みに鈍感です。

虫歯が結構深くても、麻酔なしで平気そうにしてる子も多いです。(麻酔が必要な場合はもちろんします)

なので痛む感覚があまりなく、治療が出来てるのかもしれませんね。

大人も子供も予防の時代へ!

大人も定期的なクリーニングで予防歯科が広まっています。

子どもはクリーニングの他に、フッ素塗布やシーラント(奥歯の虫歯予防の溝埋め)で虫歯予防の時代です。

小さい頃から予防のために歯医者へ通っていれば、治療をせずに済みます。

大人も一緒ですね。

治療が嫌なのであれば普段の歯磨き、予防のための定期的なクリーニングが必要です。

まとめ

お子さまに対して、「歯医者=痛いことされる」というイメージを無意識に植え付けていませんか?

歯医者への苦手意識を、親が作ってしまってはもったいないです。

もし言うとしたら「虫歯になったら歯が痛くなって、美味しいものが食べれなくなっちゃうよ」の方が良いでしょう。

今は予防歯科の時代です。

歯医者と上手に付き合っていくことが、いかに治療を少なくなるかに繋がります。

お子さまの歯を守るためにも、歯医者への苦手意識を親が作らないよう工夫しましょう

それでは。

 

スポンサーリンク

-お口の健康

© 2021 しーなブログ