お口の健康

【抜歯矯正の結果】矯正の抜歯はするのが正解?しないが正解?

スポンサーリンク

悩める女性
矯正をしたいけど歯を抜くかもしれないって本当?

矯正を考えている人は抜歯・非抜歯の選択で悩みますよね。

この選択に、明確な正解はありません。

歯並び、顎の大きさによります。

私は舌側(裏側)矯正の経験者で、上の小臼歯を左右1本ずつ抜歯しました。

(矯正の抜歯は基本的に前から4番目の小臼歯を抜きます

しーな
私は口が閉じにくいほどの出っ歯だったので、抜歯が必要な歯並びでした。

私の抜歯経験談、その後の歯並びについてもお話しします。

抜歯矯正は良くないのか?

私は抜歯矯正をしてますが、全く後悔していません

前職場は、「非抜歯矯正」を勧めていました。

理由は、抜いた後の歯のスペースを埋めるのが大変だから。

患者さん自身も、矯正のために抜歯をするのは抵抗があります。

「非抜歯で矯正できるときいた」と相談に来る患者さんが多くいました。

せっかくの健康な歯ですし、永久歯は全部で28本。

抜いた永久歯は一生戻ってきません。

抜歯に抵抗がある気持ちは、とてもわかります。

しーな
しかし私のような元出っ歯は抜歯をしないと、綺麗には並んでも出っ歯はなおりません。

矯正でガタガタをなおすために大切なことは、スペースを作ることです。

綺麗な歯並びの為にスペースを作る方法は?

  1. 抜歯してスペースの確保
  2. そもそもの歯列の並びを広げる
  3. 歯を削って隙間を作る

②は顎の成長にもよるので、骨などが発達途中の子供に行うのが効果的です。

前職場では主に③をやっていました。

歯を削る方法は、

  • 画像のようにのこぎりみたいなもので削る
  • 機械で削る(虫歯を削る機械と同じ)

抜歯の必要のない人は、この方法で綺麗な歯並びが出来ます。

本来抜歯を推奨されてたのに非抜歯を選択した場合

めちゃくちゃ歯を削られる上に、やや出っ歯気味に並ぶようになります。

ネット上ではゴリラ顔と書かれていました。

元々の歯並びにもよりますが、抜歯をした方が良い歯並びになる人もいます

反対に非抜歯でもいい歯並びになる人はいますが、出っ歯などの具合によってはおススメできません

歯を削ってスペースを作るのには限界があります。

削りすぎると、しみる症状が出る可能性が上がります

実際に抜歯矯正を行ってどうなった?

私は上の小臼歯を左右1本ずつ抜歯しました。

本来バランスを見て下の歯を抜く人もいますが、

  • 出っ歯である
  • 上の前歯のサイズが大きい

という理由で、抜歯は上の歯のみになりました。

本来、上の前歯の方がサイズが大きいのは普通です。

私は一般的なサイズより大きいそうです。

現在の歯並びは?

とても綺麗に並んでいますが、やや切端咬合気味です。

かみ合わせは上の歯が軽く覆うような形が理想ですが、前歯と前歯がかみ合うようことを切端咬合と言います。

しーな
昔は口が閉じにくいほどの出っ歯だったので、今の歯並びにとても満足しています!

ただ、抜歯をしたときに片側だけ抜くのが大変でした。

健康な歯を抜いたので、手間取っていたみたいです。

抜歯が大変だった方は矯正時も動きが悪く、今でもフロスが抵抗なく通るほどやや隙間が空いています。

(歯と歯の間は、フロスはやや抵抗がありながら通るのが理想です)

もちろん見た目上隙間がわかるほどではないので、物が挟まりやすいという欠点があるくらいです。

矯正相談(カウンセリング)は何軒か行くのがオススメ!

抜歯か非抜歯か微妙なラインの人は、何軒か矯正相談に行きましょう。

最終的に決めるのはご自身ですが、納得の行く形で矯正を始めた方が良いです。

もちろん矯正相談はレントゲン撮影など検査をするのでお金がかかります

しかし最初の矯正歯科選びで失敗してしまうと、後で矯正歯科を変えたくてもお金は戻ってきません

他の矯正歯科で治療をするには、再度料金がかかります。

矯正相談で数軒の矯正歯科・治療方法を吟味した方が結果的に安上がりになります

まとめ

抜歯矯正・非抜歯矯正に正解はありません。

その人の歯並び・顎の大きさにもよります。

私は出っ歯のため抜歯が必要と言われ、抜歯をしました。

この選択に後悔は全くありません

なぜなら抜歯をしないと綺麗に並ばない歯並びだったから。

もちろん抜歯をしたくない気持ちはとてもわかります。

永久歯は28本しかありませんし、再び生えてきません

ですが非抜歯の希望を貫いて、歯並びは良いがまだ出っ歯である人を見ています。

必ずしも「非抜歯こそ正しい。」「抜歯矯正こそ正しい。」はありません。

自分も納得する綺麗な歯並びを手に入れるには、どうしたら最善なのか矯正相談してしっかり見極めましょう。

それでは。

スポンサーリンク

-お口の健康

© 2021 しーなブログ